FC2ブログ

トンイ 第23回  ~王様の孤独~

ここしばらく感じていたことなんですが、今回の放送を見てつくづく王様って孤独な存在なんだな、と思いました。


誠心誠意仕えてくれる者ももちろんいるのでしょうけれど、自分たちの利権のため王様を利用する者も少なからず。今はチャン・オクチョンを立てる南人(ナミン)派が幅を利かせていますが、彼らは王様の前ではいかにも忠義面をするものの腹の中では自分たちの権力を確かなものにするため、王様の母親を毒殺しようと企て、そのため王様の母親の侍医を買収しようと王室の財産を横流しし、それがトンイによって暴かれそうになると今度はトンイを亡き者にしようと企む…。王妃は既に無実の罪を着せられて宮廷を追われ、チャン・オクチョンが後釜に決まっています。まあほんとにやりたい放題。


王様が女性として心から愛していたのはチャン・オクチョンでしたが、王妃のことも大事に思っていたはず。王妃に不利な証拠ばかり並べられて、やむなく王妃を宮廷から出しましたが信じられない信じたくない思いはあったでしょうに、それを相談できる者がいません。


今回もチャン・オクチョン派はすべての罪をトンイに着せようとしています。もちろん王様は信じたくないんだけど、本人が見つからないのでどうしようもなく…。
予定通りチャン・オクチョンの王妃任命式は行われますが、その式での王様の虚ろな表情は何とも痛ましい限りでした。それまで愛していたオクチョンのことが少しずつ信じられなくなってきてるんでしょうね…。


ドラマでは明らかにされていませんが、恐らくチャン・オクチョンは宮廷に入ってから王様の気に入られるようあの手この手を使って今の地位を手に入れたのだと思います。それでも最初のうちは自分の力で少しずつ這い上がっていったように思われますが、以前お話ししたように兄の陰謀を知りそれに加担してからというもの「悪女」への道、まっしぐら。それに対してトンイは王様の気に入られようとか、もっと高い位に上りたいという欲がないので、王様としては心安らぐ存在なんだと思います。今はまだ女性として意識していませんが、この先トンイが王様にとってますます大切な存在になっていくんでしょうね。


肝心のトンイはオクチョン一派に追われ、深手を負って倒れ、行方不明に。「どんなに探しても見つからなかった」そうですが、血を流しながら逃げてたんですから、血の跡を追えば簡単に見つかるのでは?と思いつつ、誰か親切な人に助けられたんだろう、とトンイのことはあまり深く考えずに(ドラマはあと37回も続くのですから、無事に決まってます!)、今回はただただ王様に同情しておりました。


でも本当に宮廷って恐ろしいところ。こんな話が続くと、王様が身分を隠して庶民と一緒にお酒を飲みたがる気持ちもわかります。「ドロドロモード」かなり高まって辛くなってきましたが、どこかでスッキリさせてもらえることを期待して、なるべく気楽に楽しませてもらいます。




mkm




スポンサーサイト

プロフィール

そよかぜおばさん

Author:そよかぜおばさん
韓国ドラマ「春のワルツ」で描かれなかった15年間に興味を持ち、何とかこの空白を埋めてみよう!と皆さんからアイデアを頂きながら進めてきました。ドラマ後の物語(ピアニスト クリス・ユンの復活)も同時進行させています。「空白の15年」はまだ6年ほど残っていますが、「復活編」はひとまず完結いたしました。


これとは別に趣味のクラシック音楽の話、印象に残った本やテレビ番組、映画の感想など思いつくまま気の向くままにお話ししたいと思います。

最新コメント

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード