FC2ブログ

NHK ハイビジョン特集 「アルプス」 を見て

6月10日(火)から NHK hivision 放送で3日間放送されたアルプストレッキングコースの特集番組をようやく見終わりました。

 

番組では、オーストリア、スイス、イタリア各国のアルプストレッキングが1日ずつ紹介されました。

どこも素晴らしいのですが、イタリアアルプスは岩場が多く、岩登り的なトレッキングもあり、また4000mを越える山が多いため、景色は見事ですけれどチェハとフィリップのトレッキングには不向きかなあ、という感じ。

スイスは予想していた景観と少々ずれがありました。

で、初心者向けで、景色もグッド!というのはオーストリアでした。

 

具体的に地名まで挙げて書くなら、オーストリアが一番使いやすそうです。

もちろん、どこの山か特定しないで物語で使うこともできますので、どちらにするか、もう少し考えるつもりです。

全回録画しましたので、もう一度スイスを見直して、頭を整理することにします。

 

高山植物や動物が何種類も紹介されていました。アニメ「アルプスの少女ハイジ」に出てきたものもあり、懐かしく見ていました。

また山岳ガイドの方が全部で9名登場されましたが、どなたも優しく温かそうなお人柄で、山のこと、植物や動物のこと、氷河のこと、天候のことを詳しく穏やかに説明される様子が印象に残っています。

 

スイスは一度訪れたことがありますが、雄大な山々が連なる様、青い空に白い雲が流れる様、登山列車の車窓から見える景色が次第に姿を変えていく様は言葉で言いがたいものでした。その景色を見ながらチェハとフィリップはそれぞれ何を思ったか、何を語り合ったか、そしてそれをどう言葉で表現するか、何だか楽しみになってきました。

 

早くそこに到達するためにも、コンクールの場面を早く何とかしたいと思います。なかなか毎日続けて集中的に書けないため、同じところで堂々巡りを繰り返している今日この頃です。

 

 

mkm     

スポンサーサイト



コメント

アルプス特集を見て、まず、トレッカーの年齢層がとても幅広いのに驚きました。登山列車やケーブルカーが整備されているから、気軽に楽しめるのですね。でもいっきに標高の高い地点に移動して、高山病の心配はないのかしら。

スイス編で紹介されたセガンティーニの作品、すてきでした。フィリップもこの美術館を訪れたのでしょうか。
また「ケルン」もありましたね。ウニョンが石を積んでお祈りするのとは持つ意味は違うのでしょうが、何だかそんなシーンを連想してしまいました。
  • 2008-06-24 08:53
  • URL
  • ピアノ♪ #79D/WHSg
  • Edit

スイス編の冒頭で、1時間余りで1700mほど上る登山列車がありましたよね。あの時は私も「大丈夫?」って思いました。でも海外からのトレッカーもスイスに入国してから登山列車が出る街まで移動する間にかなりの標高まで上っているはずですし、登山列車に乗ってトレッキングを開始するまでに少なくとも1泊はすると思いますので、その間に体が順応するんじゃないかな、と思います。

日本での話ですが、2700mほどの山に登るのに、まず1000mくらいのところにある山荘に1泊して体を空気の薄さに慣らしてからリフトその他で登山口まで行って、それから山登りを始めると聞いたことがあります。

セガンティーニの美術館、フィリップはきっと行ったと思います!(このアイディアいただきます)。ケルンは山での道標として、また山頂に着いた記念に登山家が石を積むんですよね。確かに意味は違いますが、チェハはウニョンを思い出したでしょうね。
  • 2008-06-24 15:05
  • URL
  • そよかぜおばさん #79D/WHSg
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

そよかぜおばさん

Author:そよかぜおばさん
韓国ドラマ「春のワルツ」で描かれなかった15年間に興味を持ち、何とかこの空白を埋めてみよう!と皆さんからアイデアを頂きながら進めてきました。ドラマ後の物語(ピアニスト クリス・ユンの復活)も同時進行させています。「空白の15年」はまだ6年ほど残っていますが、「復活編」はひとまず完結いたしました。


これとは別に趣味のクラシック音楽の話、印象に残った本やテレビ番組、映画の感想など思いつくまま気の向くままにお話ししたいと思います。

最新コメント

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード