FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イルマさんライブ

今日、イルマさんのライブに行ってきました。

イルマさんは皆さんご存知の通り、「春のワルツ」OST Classic 版の曲をいくつも作曲され、「春のワルツ」10話にもピアニスト役で出演された方です。

 

実は先月下旬、見るともなしに区報を眺めていたら「イルマ・ライブ」の文字と、このような写真が目に飛び込んできたんです。

 

 

 

「ウ、ウソやろ~~? え~~っ?!」   

私が住んでいる区の音楽とは全然関係ない施設のイベントに、イルマさんホンマに来るの~?

これは行きたい。 しかし先着150名というのがクセモノ。大々的に宣伝しているわけではないけれど、区内にどれだけのファンがいることか見当もつかず…(ちなみに区の人口は83万人)。

 

根が無精にできているからイルマさんの演奏は聞きたいけれど、朝早くから並ぶほどの根性もなく、13時から整理券配布ならお昼前に行ってみよう、それでダメなら諦めよう、と朝から急いで用事を片づけて子どもも連れて出かけました。

 

お昼前に到着してみると既に大勢の方が並んでおられました。私で70番目でしたが12時半には締切になり、後は立ち見です…という世界。

それからお昼を済ませて何となく時間を潰して開演が3時でしたが、区と韓国文化院(だったかな?)共催のイベントなので、それぞれからの挨拶が10分ほどあり、それが終わってようやくイルマさんの登場となりました。

 

昨年の8月に2年間の兵役を終えて戻られたので、「春のワルツ」の曲を弾くのは3年ぶりです、とても緊張しています、と言いながら、

 Spring Waltz

  Dreaming Island's Story(失われた島)

  Lost in Island(島の話)

  Clementine

  Before The Star...(星の輝きが消える前に)

の5曲を演奏されました。

 

あと、「冬のソナタ」から "When The Love Falls"、

「夏の香り」から Kiss The Rain、韓国映画「オアシス」から「君を想う」、

フジテレビ系月9ドラマ「東京湾景」から "Mika's Song"、などなど。

最後が「冬のソナタ」から " I " 。アンコールがご自身で編曲された「さくらさくら」。

4時終演の予定でしたが、2,3曲ごとにトークが入り、それに通訳が入るのでどうしても時間がかかり、結局全部終わったのは4時半を少し回っていたのではなかったでしょうか。

 

実際に見るイルマさんは写真や「春のワルツ」で見るよりもはるかに好青年でした。トークにも誠実で謙虚なお人柄が感じられ、音楽がより一層素晴らしく感じられました。会場が音楽専用ホールでないため、200席足らずで満席になる程度の広さなのにマイクで音を拾っていて(スピーカーのボリュームが大きすぎた、と言うべきでしょうか?)、そのため本当のピアノの音が聴けなかったのが残念ではありましたが、素敵な演奏でした。^^

 

" I " を演奏される前に、「軍隊に行ってみて、自分を大切にできるのは自分しかいないんだ、と思いました」と話された言葉が心にしみました。そんな思いを込めて演奏された新しいアレンジでの " I "、今までに聞いたもの以上に迫力があったというか、カッコ良かったというか…(" I " は「春のワルツ」10話でご自身が演奏されていた曲です)。

 

で、ニューアルバム「P・N・O・N・I」を買ってきました。カバーに幼児の写真が使われていますが、これは3歳の頃のイルマさんご本人だそうです。曲もとても素敵です。

 

できることならこのライブのことを事前に皆さんにお伝えしたいと思いました。でも区民限定ではないにしても150名という定員を考えると、こういう場で宣伝してよいものかと思い、たまたま私は入ることができましたので報告させていただきました。

 

またいつの日か、どこかのホールでイルマさんがコンサートを開かれる時にはぜひぜひ皆さんご一緒に聞きに行きたいと思います。来年にはイ・ジスさんも軍隊からお帰りになりますから、こちらもいつか日本でコンサートを開いてくださる時には駆け付けたいと願っています。

 

mkm   

 

スポンサーサイト

コメント

mkmさん、なんて素敵なコンサートに行かれたんでしょう~
「春のワルツ」の曲がこんなに贅沢に・・・本当にうらやましいです。
これって、運命的なものとも考えられませんか?
10話でご自身で弾かれていた曲「♪?」という曲名だったのですね。
美しく切ないメロディラインなのに感情が高ぶってしまいそうなほど情熱的でもあり・・・思い出しただけでも涙が・・・
これから書き進められる「復活編」のチェハに、どんな形で表現していただけるのか、とても楽しみにしております。

  • 2009-06-14 00:58
  • URL
  • qoo #79D/WHSg
  • Edit

mkmさん!!!
とってもいいこと、思いつきました。
「ありがとう」をイルマさんに作曲してもらいましょ(^O^)/
ね?いいことでしょ?え?誰がどーやって、交渉するのかって?
え~~~~っと、ちょうちょ♪は、、、ほら、原案者の役割ってことで、、、、
お願いしますm(___)m
  • 2009-06-14 08:19
  • URL
  • ちょうちょ♪ #79D/WHSg
  • Edit

qoo ちゃん
「自分を大切にできるのは自分しかいない」という言葉を聞いて、自分を大切にすることなんて考えることすらできなかったであろうチェハの15年を思って切なくなりました。そして自分を取り戻しピアノを取り戻し、自分をも他人をも大切にできる人になっていくんだろうな、人としてますます成長していくんだろうな。そんなふうに思って何だかホッとしました。

" I " というタイトルにそんな思いが込められていたと知り、ますますこの曲が好きになりました。イルマさんが作られたそれぞれの曲への思いをもっともっと伺いたいなと思います。 " I " は以前自分で弾けるようになりたくて練習してみたんですが、左手がどうしてもきれいに弾けなくて挫折してました。今いろいろ忙しくてとてもピアノには触れないのですが、落ち着いたらもう一度頑張ってみたいなと思っています。

コンサートで唯一残念だったのは、上にも書きましたがピアノの音とスピーカーのボリュームが合わなかったためか「音が割れる」に近い現象が起こったことです(機械に弱いので、よくわからないんですが)。だんだん気にならなくなったので、会場の音響係さんが調節されたのか、イルマさん自身が弾きながら調節されたのだろうと思いますが(何の根拠もなく後者ではないかと思ってます ^^)、「春のワルツ」の曲は最初に演奏されたため、一番音が割れてたの…。(ToT)

でもあの場にいられたんだから文句言ったら罰が当たります。またいつかちゃんとしたホールで聴ける機会がありますようにと良い子に祈ってます。
  • 2009-06-14 23:16
  • URL
  • そよかぜおばさん #79D/WHSg
  • Edit

ちょうちょ♪さん
実は私も聞きながら似たようなことを考えていました。私の場合、お願いするんじゃなくってコンサートで演奏される中に、私のイメージに合うのがあるかなあ?って。
でも聴いているうちに、そのことはいつの間にか忘れてました。^^;
でも本当にお願いできたらいいですね。イルマさん、OSTを担当されて出演もされてるくらいだから、ドラマのお話はよくご存じですものねえ。(実はウニョンへの「ありがとう」だけじゃなくって、もう1曲作っていただきたい曲があるんです。合計2曲。う~ん。)
  • 2009-06-14 23:20
  • URL
  • そよかぜおばさん #79D/WHSg
  • Edit

ひと仕事終えて、夕方ちょっとだけのつもりで「ゆ~ちゅ~ぶ」のイルマさんのお部屋へ行ってみました(もちろん、ちゃんと部屋があるわけではなく「Yiruma」で検索かけたんですが…)。そしたら、出るわ出るわお宝映像ザックザク。(^ ^)v

ちょっとだけのつもりが30分以上も長居してしまいました。(^^;) ご本人も仰ってましたが、イルマさんの曲は眠れない時によく効くそうです。確かにすごくリラックスして、気持ちが落ち着きます。なのでもっと聞きたくなって出られなくなり…。夕飯ちょこっとだけ手抜きになりました~。ごめんね~。明日は真面目にやります。
  • 2009-06-15 22:27
  • URL
  • そよかぜおばさん #79D/WHSg
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

そよかぜおばさん

Author:そよかぜおばさん
韓国ドラマ「春のワルツ」で描かれなかった15年間に興味を持ち、何とかこの空白を埋めてみよう!と皆さんからアイデアを頂きながら進めてきました。ドラマ後の物語(ピアニスト クリス・ユンの復活)も同時進行させています。「空白の15年」はまだ6年ほど残っていますが、「復活編」はひとまず完結いたしました。


これとは別に趣味のクラシック音楽の話、印象に残った本やテレビ番組、映画の感想など思いつくまま気の向くままにお話ししたいと思います。

最新コメント

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。