MERRY CHRISTMAS!! -- 映画「のだめ」感想 --

行ってまいりました、 「のだめカンタービレ  最終楽章 前篇」

期待を裏切らないどころか、期待以上でしたよ。

 

大きなスクリーンに映し出される映像の迫力に一気に「のだめ」の世界に引き込まれ、CMに中断されることなく2時間しっかり「のだめ」の世界に浸れる幸せ。

のだめの喜怒哀楽がドラマ版以上に鮮明に描けるのも映画だからこそ。

「変態の森」はますますにぎやかに。

千秋がのだめ人形を投げ飛ばすシーンもテレビ以上の迫力なのに、大げさに感じられないのはやはり大きなスクリーン効果でしょうね。

パリやウィーン(こちらはちょっとだけでしたが…)の美しい街並みは素敵だし、何よりオーケストラの響きが最高でした。

オケが正面から映ると自分もコンサートホールで音楽を聴いているかのよう…。

で、この作品には映画こそふさわしかったとの思いを一層強くしました。

 

あんまり素晴らしかったのでしばらく興奮状態から冷めやらず…。「後編」の公開までに何度かリピートしてしまいそうです。 今まで映画のDVDって自分では買ったことがないのですが、これは買ってしまいそう。でもあれを家のテレビで見ると、やっぱりイマイチかなあ?

 

最後に「後編」の予告が入ってました。こんなシーンもありましたよ。

後はどうなるんだろう? 私は原作を読んでいませんので、4月までず~っと気をもむことになりそうです。また「後編」ではR☆Sオケのメンバーの登場シーンも増えそうで、ますます迫力アップの予感が。千秋とのだめの関係だけでなく、そちらも楽しみです。

 

惜しむらくは、撮影期間が長かったため玉木宏さんのお顔がドラマの時とほとんど変わらない感じのシーンと、かなりゲッソリ頬がこけたシーンとがありまして…。(正直なところゲッソリはいただけません。)

「後編」では素敵な千秋先輩がたくさん見られますように。

 

取り急ぎご報告まで。

皆さん、どうぞ楽しいクリスマスをお迎えくださいね。

 

mkm   

スポンサーサイト

コメント

ご報告、ありがとうございます。
私も年内にはぜひ見たいと思います。ヨーロッパ編第2夜や映画の宣伝番組も録画はしたもののまだ見ていないので、まずはそれからですね。オーケストラの響きが楽しみです。
  • 2009-12-24 07:56
  • URL
  • ピアノ♪ #79D/WHSg
  • Edit

ピアノ♪さん、ご覧になったら感想お聞かせくださいね。
細かいことには目をつぶって、とりあえず風景と音楽を楽しんできてください!
  • 2009-12-26 00:32
  • URL
  • そよかぜおばさん #79D/WHSg
  • Edit

私が「のだめ」を知ったのは、ある音楽雑誌に連載されていた二ノ宮知子さんのコラムを読んでからです。「のだめ」のモデル、指揮コンクールでの間違い探しの譜面などの話が印象に残っています。取材旅行ではウィーン「楽友協会」にも行かれたそうです。
漫画を買い始めたころドラマが始まると聞きましたので、私も最後がどうなるのかは知りません。映画の後編まで楽しみはとっておきます。

さて突然ですが、今週BS1で「MLB2009 日本人メジャーリーガーの群像」という番組が放送されています。深夜0時半近くになって、「大記録への道~イチロー知られざる闘い~」が始まったことに気づき見始めたところ、ナレーションの声に聞き覚えが、、、何と玉木宏さんでした。
再放送がBS1で12/30(水)22:10~23:00、NHK総合で1/7(木)1:00~1:50にありますので、よかったらどうぞご覧ください。
  • 2009-12-26 08:34
  • URL
  • ピアノ♪ #79D/WHSg
  • Edit

ピアノ♪さん、お知らせありがとうございます。
「MLB2009 日本人メジャーリーガーの群像」3夜連続で、毎回ナレーターが変わるんですね。玉木宏さんのナレーションでイチローのお話なら見てみたいです! 早速予約しておきます。^^
  • 2009-12-27 14:26
  • URL
  • そよかぜおばさん #79D/WHSg
  • Edit

mkmさん、ご無沙汰しております。
cururuが終わったらmkmさんはどちらにいらっしゃるのかしら・・・?と思いつつ・・・
なんとなくこちらに伺わずに時を過ごしてしまいした。
どこかに拠点を移されて、続きを書かれるのですよね?
しばらくご無沙汰していたので、過去コメを読んでいたらベートーベンウィルスの事が書いてあったので、読まずに戻ってきました。今、見てるんです。面白いですね。カン・マエの役者さんが芝居うまくて、脚本がすごくいい。
のだめが映画の音響で聞くとすごくいいという話を聞いて、春ワルが映画館でかかればいいのになあと思いまいた。

よいお年をお迎えください。
  • 2009-12-31 23:21
  • URL
  • hasshie #79D/WHSg
  • Edit

hasshieさん、あけましておめでとうございます!こちらこそご無沙汰しております。m(_ _)m

引っ越し先はまだ見つからず…。hasshieさんはどうなさるのですか?
新しくブログを開くことは難しくないのですが、これまでの記事やコメントを移すとなると大変です。でも、とりあえずの引っ越し先は3月中に見つけてお知らせしますね。(続きはいつになるのやら…?ですが)

ベートーベンウイルス、カン・マエのキム・ミョンミンさんは本当にすごい役者さんですよね。今年も今まで知らなかった俳優さんたちや今までに知っていた俳優さんたちの新しい姿に出会えるのを楽しみにしています。

今年もよろしくお願いします!
  • 2010-01-01 12:20
  • URL
  • そよかぜおばさん #79D/WHSg
  • Edit

mkmさん、hasshieさん、明けましておめでとうございます。

遅くなりましたが、映画は暮れの30日(水)に見てきました。ウィーン楽友協会での演奏を見たかったので、最初から大満足でした。大きなスクリーンで音響もすばらしく、本当に自分がその場にいるような感じでした。

「のだめカンタービレ」といえば漫画から音楽が聞こえてくる感じがすばらしいのですが、マルレ・オケの「ボレロ」の演奏シーンは、アニメ版でも表現できなかった微妙な表情の変化が実写版ならではと思いました。というか、笑いをこらえてるうちに涙が出てきて、あちこちでクックッとかクスクスとか、、、きっと一人で見ていたら大笑いしていただろうし、今でも思い出すとおかしくって、、、すみません。4月が楽しみです。

今年もどうぞよろしくお願いします。
  • 2010-01-05 09:01
  • URL
  • ピアノ♪ #79D/WHSg
  • Edit

ピアノ♪さん、あけましておめでとうございます。こちらこそ今年もよろしくお願いします。
私は一人で行ったので、何度か思い切り爆笑してしまいました。(^◇^)
マルレ・オケの「ボレロ」のシーンも、「いくらやる気がなくても、仮にもプロならあそこまでひどいか?」と心の中のもう一人の私がしきりに突っ込んでいましたが、そんな突っ込みも気にせずに笑っちゃいました。見る人を引っ張り込む演出の力と言うのでしょうか。

見てから2週間もたつと細かい部分は記憶が薄れてきます。もう一度見たいけれど、いつまでやってるでしょうね。2月に入ったら、新聞の映画館情報を何気にチェックしてしまいそうです。^^ アニメの「のだめカンタービレ フィナーレ」が来週からですね。しばらくは「のだめ」で楽しませていただけそうで、うれしいです。(^o^)/
  • 2010-01-05 18:01
  • URL
  • そよかぜおばさん #79D/WHSg
  • Edit

暮れにピアノ♪さんにご紹介いただいた「MLB 2009 日本人メジャーリーガーの群像 大記録への道~イチロー知られざる闘い~」を昨日見ました。シアトルマリナーズが勝てなくなってシーズン開幕早々に優勝争いから脱落し、士気を失う様子に何故か「のだめ」のマルレ・オケが重なりました。「勝てない→お客さんが入らない→球団・選手の収入が減る→張り合い・やる気を失う→ますます勝てない」のも「(何らかの理由で)演奏の質が落ちる→お客さんが入らない→楽団団員の収入が減る→仕事掛け持ち→練習不足→ますます演奏の質が落ちる」の負のスパイラルの構造がおんなじだあ。。。

この負のスパイラルを断ち切るためには何らかの起爆剤が必要なわけで、シアトルマリナーズは新監督と往年の名選手をチームに迎え、マルレ・オーケストラは千秋が常任指揮者になったことでようやく何とかなりました。

スポーツのチームもオーケストラも「生き物」だとつくづく思います。組織を構成する一人一人がコンディションを整え十分な準備をするのは当然のことですが、その一人一人の関係によって組織は生きもすれば死んでしまいもする。ちょっとした失敗からガタガタに崩れてしまうこともありますが、ちょっとしたことで急に生き返ったりもするんです。

試合の後、あの名プレイの陰にはある人のこんな言葉があった、という物語が時々紹介されますが、それを読むたびに人間ってすごいなあと感心したり感動したりします。オーケストラの裏物語はあまり表に出てきませんが、だからこそ「のだめ」や「ベートーベンウィルス」に惹かれるのかもしれないな、と思います。
  • 2010-01-06 11:03
  • URL
  • そよかぜおばさん #79D/WHSg
  • Edit

昨晩、「のだめ」紹介番組が放送されたので録画して見ました。
来週から始まるアニメ版フィナーレと映画の宣伝でした。
 
びっくりしたのが、アニメ版ではSオケの最初の演奏曲が「ベト7」ではなく「ベト3 英雄」だったんですね。原作もそうだったんでしょうか? でもSオケにはやはり「ベト7」が似合うと思います。^^

ドラマから見始めたものですから、やはりアニメの声優さんの声に違和感を覚えてしまいます。(声で誰が話しているのか判別できない…)。あ、でもオクレール先生の声優さんはドラマと同じかな(映画では別の声優さんでしたね)? ところどころ驚きながらも楽しめたらな、と思います。

もうすぐ「チング」も始まりますし、感想用の部屋を作らないと…。(^^;)
  • 2010-01-08 22:32
  • URL
  • そよかぜおばさん #79D/WHSg
  • Edit

「ベト7」は原作でも千秋が初めて指揮をした(のだめがシュトレーゼマンをノックダウンさせてSオケの練習で代振りした時の)曲です。その後シュトレーゼマンが突然第3番に変えてしまい定期公演ではこの「英雄」を演奏しました。
漫画を見直したけれど理由はわかりません。ただ第3番だと、千秋と彼の要求に応えられないSオケメンバーが険悪な雰囲気になったときの「皇帝に即位したナポレオン」「共和制崩壊」という表現がぴったりなわけです。

例のジミヘン弾きをやったのは第3番第2楽章の練習場面で、峰曰く「ナポレオンの雄姿」を表現しているそうです。ただ公演中「やるなら ここだろ!!」のコマに書かれているスコアは第1楽章の出だし第10小節あたりで、これはありえないからどこでやるのだろうと気にはなっていました。
ドラマでは第7番の第4楽章でしたね。漫画になかったチェロ・コントラバス回し(実際にはあそこで演奏するのは無理だろうと思いますが)もあって、これは最高にうけました。

映画でのチャイコフスキー祝典序曲「1812年」も原作にはないがスタッフの思い入れのある曲と特番で紹介されていました。そういえばこれは「ベートーベン・ウィルス」でゴヌがやりたいと言ったら、カン・マエに「大砲が必要」と即却下された曲でしたね。
  • 2010-01-10 13:48
  • URL
  • ピアノ♪ #79D/WHSg
  • Edit

「チング」は吹き替えとのことで、字幕付きまで待とうかなあと。。。今まで吹き替えで最後まで見たのは「冬のソナタ」「春のワルツ」の2本だけ。
これから見たいドラマ(字幕完全版)は、2月からの「一枝梅」。今BSで放送中ですがイ・ジュンギのアクションシーンがいいんです。
3月からの「アイリス」も楽しみ。いつもは予告編を見たりなどの予習はしないのですが、このドラマに限っては去年からいろいろな映像を見てしまいました。何しろ走る姿も絵になるイ・ビョンホン!最高!!

さて、3月末に発売予定の「冬のソナタ」DVD BOX。韓国KBSオリジナル・ノーカット完全版ということなので、予約してしまいました。やはりこのドラマは別格で、音楽差し替えなしが魅力でした。
この流れでいつか「春のワルツ」も発売されるといいですね。
  • 2010-01-10 13:51
  • URL
  • ピアノ♪ #79D/WHSg
  • Edit

ピアノ♪さん、ありがとうございました。原作では「ベト7」から「英雄」に変わったんですか。(Sオケの実力で演奏会前に曲を変えるとは、シュトレーゼマンもかなりの冒険家ですね)。でも「皇帝に即位したナポレオン」と「共和制崩壊」のイメージは確かにピッタリです! ^^

「英雄」第1楽章の出だし第10小節あたりでの「ジミヘン弾き」は、確かにありえな~い、ですね。2楽章ならわかりますが。
ついでに、「ベト7」4楽章最後のコンバス・チェロ回し、私も演奏的には「ありえな~い!」と思いましたが(回しながら音を出すのは絶対に不可能なわけですから)、あの絶妙なタイミングでみんなが一斉に楽器を回したのには心底感心しましたし、映像的にはとっても面白いので大好きなシーンの一つです。

「チング」に関しては、吹き替えと聞いてだいぶ盛り下がりまして、実は私も迷っているところです。あとでノーカット版を見るなら二度手間なわけですし…。明日から「私の名前はキム・サムスン」が始まりますし、この時間帯にいずれ放送してくれるならそれまで待とうかな、と。見たいもの、やらなければならないことがたくさんある時は、うまく時間のやりくりをしなくては。でもどんな感じのドラマか気にはなりますので、最初の1,2回は見てみようかなと思っています。

「春のワルツ」ノーカット版が出たら、これは買うかも…。視聴率を考えるとかなり難しいとは思いますが。「冬のソナタ」のノーカットオリジナル音楽版も見ては見たいけれど手は出せず…です。^^;
  • 2010-01-10 22:29
  • URL
  • そよかぜおばさん #79D/WHSg
  • Edit

↑で「第4楽章」と書いてしまったのですが、ドラマでのジミヘン弾きはLesson4の第7番第1楽章の練習シーンが最初でした。浮かんだメロディーが第4楽章の終わりの部分だったためですみませんでした。録画を見直してみたら、定期公演では第1楽章と第4楽章、クリスマス公演では第4楽章でした。
アニメの「英雄」ではやはり第2楽章で、ドラマやアニメのオリジナル音源を収録したCD(マングース・ボックス)にあるようです。録画はしたのですが現在手元になく確認できませんでした。
  • 2010-01-17 13:23
  • URL
  • ピアノ♪ #79D/WHSg
  • Edit

いろんなバージョンがあると頭がこんがらがりますよね。R☆Sオケは、それなりのレベルのオーケストラなので、最後の最後までガマンしたんでしょうか? ^^
わざわざ確かめていただきありがとうございました。

実際にジミヘン弾きをやるなら、テンポの速いベト7よりもゆっくりの「英雄」第2楽章の方がまだ弾きやすいでしょうね。どちらにしても、あの無理な姿勢では肩や背中を痛めるのでは…と心配になってしまうんです。
  • 2010-01-17 21:34
  • URL
  • そよかぜおばさん #79D/WHSg
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

そよかぜおばさん

Author:そよかぜおばさん
韓国ドラマ「春のワルツ」で描かれなかった15年間に興味を持ち、何とかこの空白を埋めてみよう!と皆さんからアイデアを頂きながら進めてきました。ドラマ後の物語(ピアニスト クリス・ユンの復活)も同時進行させています。「空白の15年」はまだ6年ほど残っていますが、「復活編」はひとまず完結いたしました。


これとは別に趣味のクラシック音楽の話、印象に残った本やテレビ番組、映画の感想など思いつくまま気の向くままにお話ししたいと思います。

最新コメント

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード