映画 「チョルラの詩」

(精いっぱいネタをばらさないように感想文、書きました)。^^


途中、辛いシーンもありましたが、全体的にほのぼのとした温かさに包まれた映画でした。


在日韓国人三世であるヒョンスがなぜあんなに韓国語がうまいのか?など考え出すと「?」はいくつかあり、そのあたり(在日一世だった祖父がいつ韓国に帰ったのか? ヒョンスはどのように育ち……例えばヒョンスの母は日本人なのか在日韓国人なのか? 学校は日本の学校に通ったのか?……、どこで誰から韓国語を教わったのか?)をもう少し説明してほしかったとは思いますが、前回お話しした「オーケストラ!」みたいに「ありえな~い!!」というお話ではなく、「?」はあるものの隅々まで心をこめて実に丁寧に作られた映画だと感じましたし、その作り手の思いが見る者の心にゆっくりとしみわたるように思われました。


映像もとてもきれいでしたね。光(特に夕日)の使い方が際立っていたように思います。この映画を見た限りでは全羅道は実り豊かな地域ではなさそうですが、やわらかな日の光に包まれた光景が見る人の心を癒してくれるようです。またその土地に住む人々への川口監督の温かい眼差しもそこここに感じられます。


川口監督は人の心の優しさ強さを信じる方なんでしょうね。前作の「トロッコ」を見た時にも感じましたが、その優しさに見る者が癒され、強さに力づけられるように思います。そしてその監督の思いに俳優陣が見事にこたえています。キム・ミンジュンさんもトヨン君も、そしてキム・プルンさんもそれぞれの役になりきって素晴らしい演技を見せてくださいました。


実はトヨン君の演技をちゃんと見たのは「春のワルツ」以来です。「止められない結婚」はYouTube でほんの少し見ただけですし、「チング」は吹き替えと辛いストーリーについていけず、サンテクの学生運動くらいで脱落(これでファンと言えるのか…?! )。でもその分、チェハを超えて大人になった?トヨン君に「チョルラの詩」で出会えて本当にうれしく思いましたし、この映画に出演できたこと本当に良かったね、と心から喜べました。


数年ぶりに再会した従兄弟の心の通い合い、幼なじみとの再会と交流、それを彩る数々の詩、そして美しい風景を思い出すたびに心が温かくなるのを感じます。そしてまたヒョンスやカンスやソンエに会いたくなります。華々しさはないけれど、いつまでも心に残る映画です。静かな世界がお好きな方、是非是非ご覧ください。




スポンサーサイト

コメント

ご覧になったのですね!

mkmさんの感想を首を長~~くして待っていました。
>静かな世界がお好きな方
まさにそうですね!
詩の朗読がBGMですから、とても心地よい気持ちになれます。
ドヨン氏は、あまり華々しい結果は得られてはおりませんが、
ユン監督といい、今回の川口監督といい、映像をとても丁寧に美しく仕上げてくださる監督に出会えて幸運だと思います。
私が観終わったあと、何か柔らかいものに包まれたように思われたのは、きっと、
>川口監督の温かい眼差し
だったのかもしれませんね。ありがとうございました。
  • 2010-06-19 01:53
  • URL
  • qoo #sSHoJftA
  • Edit

qooちゃ~ん ^^

>ドヨン氏は、あまり華々しい結果は得られてはおりませんが、


確かに今まではそうですが、トヨン君にしかできない演技が確かにあるわけですし、それを大事に演じ続ければいつか必ず結果はついてくるのでは?、とこの映画を見て思いを新たにしました。


ところで一つ疑問が…。同じ監督さんの作品なのに、「トロッコ」は公開から一か月ほど過ぎていてまだしばらく続きそうですが、「チョルラの詩」は東京ではあと1週間余りで終わってしまいますね。「トロッコ」は我が家でとってる新聞にも紹介記事がありましたが、「チョルラの詩」の記事は(見落としているのかもしれませんが)今のところ発見していません。主人公が日本人でないからなのか、または他に理由があるのでしょうか?
  • 2010-06-19 20:30
  • URL
  • mkm #0ls4tc0A
  • Edit

トロッコ

mkmさん、遅くなりました・・・
と、いうか、よくわかりましぇんでした・・・
でもね、↓

http://pia-eigaseikatsu.jp/rave0/

sosikihyou疑惑?で削除されちゃった「チョルラ」とは違って、
27位に「トロッコ」があるということは、評判がよいのではないでしょうか?

mkmさん、「チング」はやっぱり途中休憩のままですか?
ライブ視聴で観たときは???の王子のお顔も
字幕がついたら、本当にいい演技をしています。
便さまも民さまも本当に頑張った作品だと思いました。
一緒に語りたいで~~す(^0^)/~~
  • 2010-06-22 17:29
  • URL
  • qoo #-
  • Edit

なるほど~

私も考えてたんですが、「チョルラの詩」を見る人の大部分がミンジュンさんかトヨン君のファンであろうことを思うと見る層が限られ過ぎていたのかも?(一部には「トロッコ」を見て川口監督の作品に興味を持った人も含まれると思いますが)
「トロッコ」27位ということは、大ヒットとは言えなくてもそこそこ健闘していると言えるんでしょうね。川口監督つながりでもいいから「チョルラ」を見る人がこれから増えてくれたらと密かに願っています。


「チング」は途中休憩のまま、図書館で原作を借りてきて読んでみました。自分がテレビで見たものとファミレスでの皆さんのお話を合わせると、やはりドラマには原作にないストーリーがかなり挿入されてます。
実際にあったストーリーもあるでしょうし、クァク監督の創作もあるでしょうけれど、ドラマの方がより辛いお話になってますね。(ToT)(ToT)

(例えばドンスの母親は彼が小さい時に亡くなってますし、彼は葬儀屋の父の実子です。絵が得意だったりボクシングが強かったり、というエピソードはありません。ジンスクは高校を卒業してすぐにジュンソクと結婚しますが、彼が薬でボロボロになった頃に逃げ出し、一人で子ども用衣料品の(だったかな?)お店を経営しています。ジュンソクとドンスの間でフラフラしたりしません。そしてサンテクの軍隊シーンはありませんし、サンテクは新聞記者にはなりません!)


それでも、どこかで踏みとどまれなかったのかと思うと辛かったですねえ。ノーカット版、見る踏ん切りがついたらご連絡いたします。^^
  • 2010-06-22 17:53
  • URL
  • mkm #0ls4tc0A
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

そよかぜおばさん

Author:そよかぜおばさん
韓国ドラマ「春のワルツ」で描かれなかった15年間に興味を持ち、何とかこの空白を埋めてみよう!と皆さんからアイデアを頂きながら進めてきました。ドラマ後の物語(ピアニスト クリス・ユンの復活)も同時進行させています。「空白の15年」はまだ6年ほど残っていますが、「復活編」はひとまず完結いたしました。


これとは別に趣味のクラシック音楽の話、印象に残った本やテレビ番組、映画の感想など思いつくまま気の向くままにお話ししたいと思います。

最新コメント

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード