FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンイ 第54回

「欲望の果て」というタイトル通りのお話でした。そして見終わった後、どうしようもない虚しさと哀しさが心に残りました。


オクチョンたちがこれまでにしてきたことが全て明らかになり、王様もこれ以上 彼女を許すことができず、彼女を訪ねて自決するよう話します。でもオクチョンはそれを断り、王様の手によって死にたいと、毒薬による処刑を望みました。


王様としては一度は愛した女性ですし、世子の母であり、一時期は王妃の座にあったオクチョンを罪人として罰するに忍びなかったのだと思います。また「凛として輝くそなたがこうなったのは、そばにいた余にも責任があった」と語ったように、彼女だけが悪かったわけではないことにも気づいていました(監督不行届ですよね)。だから自ら命を断つよう言ったのだと思うのですが、オクチョンの思いはそうではありませんでした。


自分は何も悔いてはいない。たとえ時が遡っても同じ道を選ぶだろう。ただ一つ、胸が痛むほど悔やまれるのは王様を本気で慕ったこと。そうでなければ全てを欲することも、淑嬪(トンイ)を憎むことも決してなかっただろう。王様を本気で慕うという自分が犯したたった一つの過ちを罰してほしい。王様の手で自分の命の火を消してほしい。自分を殺す苦痛から逃げないでほしい。たとえほんの刹那でも自分のことを慈しんだなら、王様も少しは苦しむべきではないか………というのがオクチョンの言い分です。


王様のことを散々苦しめておいて、まだ言うか?!と、正直 最初は思いました。この言葉が王様に対する復讐のようにも聞こえて…。でも少し時間をおいて考えた時、オクチョンはせめて自分の最期にしっかり向き合ってほしいと王様に訴えていたのではないかとも思えてきました。(なんて哀しい愛の告白でしょう…)


世子が生まれた頃から王様の心はトンイに向けられていき、オクチョンを顧みることは減っていきました。オクチョンが王妃から禧嬪に降格されてからは恐らく王様のお渡りもなく、王宮殿から遠く離れた住まいで寂しく暮らしていたはずです。決してトンイが意図的にオクチョンから王様を奪ったのではありませんが、トンイが王様の側室になり2人も王子を産んだのをオクチョンがどんな思いで見つめていたかは想像に難くありません。


今回、オクチョンは全ての事件は自分が指示したと自白しましたが、実際には母親や兄ヒジェがオクチョンの知らないところでやってしまったこともあります。オクチョンのためを思ってしたこととはいえ、愚かな母親や兄に足を引っ張られたことは可哀想に思いますし、トンイとの出会いもオクチョンにとっては幸せなものではなかったと言えます。


でも、そもそもトンイが宮廷の奴婢になったのは、宮廷に入って父と兄を死に追いやった真犯人を突き止めるためでした。もしもオクチョンがオ・テソクと手を組んで、無実のコムゲに罪を着せたりしなければ、トンイは宮廷に入ろうなどと考えなかったはずですし、王様と出会うこともなかったのです。あのまま父と兄が無事でいたら、トンイは本当にチョンス兄さんと結婚したかもしれません。オクチョンによって人生を狂わされた人がどれだけ大勢いたことか。それが回り回ってオクチョンに返ってきただけのことで、トンイを恨むのは筋違いです。 宮廷入りを目論んだ時点でオクチョンにはそれなりの野心があったはずですし、「王様を本気でお慕いしなければ全てを欲することもなかった」というのはやっぱり違いますよね。


毒薬による処刑は、当時 重臣や王族に対して行われていたものだそうですが、罪人が自分で毒を飲まなければならない分、厳しい刑のように思えます。日本だったら処刑する代わりに寺に預けて仏門に入れるという方法もあったんじゃないかと思いますが、朝鮮ではそういう習慣はなかったのでしょうか? 仏教は古くから伝わっていたはずですが、王室と仏教の繋がりはドラマではよくわかりません。


オクチョンの死は王様にも世子にもトンイにも他の人々にも大きな傷を残しそうです。今回、オクチョンの母と兄は流刑に処せられましたが、身内をことごとく失った世子を王様はどうやって守り支えていくのか見ていきたいと思います。




mkm




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

そよかぜおばさん

Author:そよかぜおばさん
韓国ドラマ「春のワルツ」で描かれなかった15年間に興味を持ち、何とかこの空白を埋めてみよう!と皆さんからアイデアを頂きながら進めてきました。ドラマ後の物語(ピアニスト クリス・ユンの復活)も同時進行させています。「空白の15年」はまだ6年ほど残っていますが、「復活編」はひとまず完結いたしました。


これとは別に趣味のクラシック音楽の話、印象に残った本やテレビ番組、映画の感想など思いつくまま気の向くままにお話ししたいと思います。

最新コメント

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。