FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンイ  最終回

最終回にふさわしく、明るく楽しく未来への希望を感じられるお話でした。
トンイは当初の予定通り宮廷を出て貧しい民のために働き、そんなトンイに文句を言いながらも王様は度々訪ねてきて自分にできる手助けをし、いつしか歳月は流れてクムが即位式を挙げ、トンイの墓前で立派な王になることを誓ったところで、The End。


言葉にしてしまうとこれだけですが、今回のお話には愛や感謝の気持ちがいっぱい詰まっていて、辛いことや人間の弱さ醜さも山盛りあったドラマ「トンイ」の最後を明るく締めくくってくれました。


トンイが皆の説得を振り切ってまで宮廷を出た理由は2つありました。
一つ目はクムを養子にしてくれた仁元王妃に誠意を示すため。
これからクムが母として誠心誠意慕うべきは王妃様だから、と側にいて成長を見守りたい気持ちを抑え、トンイは身を引くことにしたのです。今回は事前に「宮廷を出よ」と王命が出ていましたが、もしそうでなくてもトンイはみずから望んで宮廷を出たかもしれません。

もう一つは貧しい民のために生きるため。
宮廷を出ようとするトンイを案じる仁元王妃にトンイは「いつか宮殿を離れることは、長い間 描いてきた私の夢でもあるのです」と語ります。


トンイの「いつか」はクムが成人して母としての務めを終えた時だったのかもしれません。でも仁元王妃という立派な母親ができてクムの将来が守られたことで、トンイは決心がついたのだと思います。懸命に引きとめようとする王様に、
「私が宮廷に入ったのは生きるためでした。追手を逃れて生き延びられるのは宮廷しかなかったからです。今、宮廷を出るのはもう一度生きるためです。父や兄がそうしたように貧しい人たちの力になるため宮殿を出たいのです。そしてその生きざまをクムに見せたいのです。これからは最も弱い者のために生きたいのです。クムが将来王になった時にその者たちを忘れないように。」


貧しい民のため、クムの将来のためと言われると、王様も自分のためだけに宮廷に残れとは言えず、「薄情な奴め。どこまでつれない女子なのだ」と心の中で泣きながらもトンイを送り出しました。


これだけなら崇高な気高い志を持つ女性の感動的な物語なのですが、そうはならないところがドラマ「トンイ」でして、この後、宮廷を出たトンイを早速に訪ねてきた王様がトンイの前で拗ねるわ、僻むわ、未練たらたら文句を言うわ。思いのたけをぶちまけるのが何とも可笑しく面白く、テレビの前で大笑いするやら、ホロッとさせられるやらでした。


ドラマの中で王様はトンイを手元に置きたいのに思うようにいかないことの連続でした。トンイは王様の言いつけに従わず、自分の思いのままに事件の捜査をして危険な目に遭ったり(この時は1年近く生死不明でした)、嘘がつけずに宮廷から出される羽目に陥ったり、なかなか王様のそばに落ち着いてはくれなかったのです。


トンイの誕生日を祝おうとしても、「今年は飢饉がひどいから浪費したくはありません」と祝いの宴を断り、王様が何か買ってやろうとしても小さな飾り物を一つしか欲しがらないので王様は「男心がわからぬにも程がある」不満げでした。
でも「余がそなたに勝ったためしがない」と諦め、「その代わり、来年も再来年も10年先も20年先もずっと余の側にいるのだ。そなたに望むのはただそれだけだからな。」と微笑んだ笑顔が素敵でした。


恐らく二人はこの後も命ある限りこのような楽しい日々を過ごしたのでしょうね。クムの即位式のシーンの後、あの世と思われる草原を歩くトンイに王様が後ろから声をかけ、二人は見つめあって抱き合ってから手に手をとって草原をどこまでも歩いて行きました。これからは決して離れることはありません、と言うように。


「トンイ」を見て感じたこと、考えたことはまだまだたくさんあるのですが、なかなかまとまりませんので、とりあえずここまでにして、続きはまた改めたいと思います。





mkm





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

そよかぜおばさん

Author:そよかぜおばさん
韓国ドラマ「春のワルツ」で描かれなかった15年間に興味を持ち、何とかこの空白を埋めてみよう!と皆さんからアイデアを頂きながら進めてきました。ドラマ後の物語(ピアニスト クリス・ユンの復活)も同時進行させています。「空白の15年」はまだ6年ほど残っていますが、「復活編」はひとまず完結いたしました。


これとは別に趣味のクラシック音楽の話、印象に残った本やテレビ番組、映画の感想など思いつくまま気の向くままにお話ししたいと思います。

最新コメント

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。