FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ 「トンイ」  雑感

思いつくままに…。


トンイは賤民の生まれであったため、ドラマの始めから「賤民のくせに」と蔑みの視線や言葉を浴びせられ、女官に取りたてられた時は周囲から拒絶され、あからさまに嫌がらせをされたこともありましたし、終盤には息子のクムまで「賤民から生まれた王子」と一部の重臣から同様に扱われていました(クムは間違いなく王様の子どもですから母親の出自だけが取りざたされることにはものすごく違和感を覚えますが、人の身分は母親の身分で決まるのが かの国なんだそうです)。


身分・階級の壁はどうにもならないんだなあと思いつつ「シークレット・ガーデン」を見ていたある日のこと。大富豪の御曹司キム・ジュウォンの母親がヒロインのキル・ライムに猛烈な上から目線で「息子と別れろ」と迫るシーンに「これってトンイとおんなじやん…」と妙に納得。


現代ものの韓国ドラマでは、裕福なご婦人方が貧しい女性に厳しい目を向けるシーンがたびたび見られます(例:「冬のソナタ」でユジンを嫌うサンヒョクの母、「春のワルツ」でウニョンやその家族を露骨に見下すチェハの母チスク、「私の名前はキム・サムスン」で二人の結婚に大反対するサムシクの母)。どうして韓国の裕福なお母さんたちは貧乏人にこれほどまでに冷たく当たるんだろうとずっと不思議に思っていましたが、その根っこは遥か昔に遡り、とても深いものだったんですね。


ドラマ「トンイ」は「貴い志を抱けば貴い人生を送れる」ということがテーマになっていました。事実トンイは様々な苦難に見舞われながらもその通りの人生を歩みます。実際にはどれほど貴い志を持っていても動物並みに扱われ辛い人生を送った人の方が圧倒的に多かったのでしょうけれど、真っ直ぐに生き抜いたその姿が見る者の心に爽やかな風を残してくれました。


「トンイ」はトンイと王様の愛の物語がドラマの軸になっていますが、見方によっては賤民として生まれた女性が王様すら翻弄して自分の生き方を貫いたお話とも言えます。国の最高権力者である王様でさえ、たった一人の賤民の女性を思い通りにできず彼女に振り回され続けたのですから、これほど王様を皮肉ったお話はなかったかも?


ただ言うまでもなく、トンイは私利私欲のために王様を手玉に取ったのではなく、王様を心から大切に思い尊敬していました。また王様も王である自分の地位や権力に媚びへつらわず、真っ直ぐ前を向き正しく生きようとするトンイにひかれたからトンイの生き方を尊重し我慢もしたわけです。トンイが王室の慣習や常識の中に納まりきらないのを、恐らく王様は感じ取っていたんでしょうね。


「あの世」でようやく二人は落ち着くことができたようです。トンイとゆっくり暮らしたいと願っていた王様の夢が今度こそ叶いますように。^^


ヒョジュちゃんはトンイの17,8歳から30代前半までを演じました。若い頃は「春のワルツ」のウニョンや「華麗なる遺産」のウンソンのように、はつらつとした爽やかな女性を、側室になってからは年とともに落ち着いた大人の女性を見事に演じていたと思います。特に母親になってからはちゃんと母親らしさを見せてくれました。最初の子どもを産んだ時は若い初々しい母親を、宮廷から追放されてクムを産んでからは厳しくも慈愛に満ちた強く賢い母親を演じていました。特に生まれたばかりのクムを見た時にはらはらと流した涙は本当に美しいものでした。たいした女優さんです。


先日、映画を見に行ったらヒョジュちゃん主演映画の予告編をやっていました。今度は目が不自由な女性の役で、どこか儚さを感じさせるような…。当然ながらトンイとは全然違う雰囲気でした。相手役の俳優さんが少々苦手なので見に行くかどうかは未定ですが、ちょっと興味をそそられております。もしも見に行きましたら、またご報告いたします。


ドラマ「トンイ」が面白くて、実際はどうだったのかな?と本屋で立ち読みしたり、あちこちのサイトを巡ったりして、トンイのモデルになった淑嬪崔氏の生涯もクムの生涯もドラマにはなかった大変なことがたくさんあったらしいことがわかりました。淑嬪崔氏は粛宗に見染められて側室になりましたが、そのことで宮廷内の権力争いに巻き込まれ、命を狙われもし、ある意味かえって大変な人生を送ることになったのかもしれません。本当に宮廷って恐ろしい世界ですし、幸せって何だろうな…、と改めて考えたりもします。


話は変わりますが、先日「道 ~白磁の人~」という映画を見てきました(http://hakujinohito.com/index.html)。いろいろ感じることがありましたので、近いうちにこのこともお話ししたいと思います。






mkm











スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

そよかぜおばさん

Author:そよかぜおばさん
韓国ドラマ「春のワルツ」で描かれなかった15年間に興味を持ち、何とかこの空白を埋めてみよう!と皆さんからアイデアを頂きながら進めてきました。ドラマ後の物語(ピアニスト クリス・ユンの復活)も同時進行させています。「空白の15年」はまだ6年ほど残っていますが、「復活編」はひとまず完結いたしました。


これとは別に趣味のクラシック音楽の話、印象に残った本やテレビ番組、映画の感想など思いつくまま気の向くままにお話ししたいと思います。

最新コメント

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。