ウィーンのクリスマス

先日 テレビを見ていたら、某テレビ局のアナウンサーがオーストリア、ハンガリー、チェコのクリスマス風景を取材に行くというコーナーに出くわしました。


最初に紹介されたのがウィーンだったのですが、「春のワルツ」の冒頭に登場したウィーン市庁舎前広場がいきなり映しだされてビックリ。(「ウニョンはどこ???」みたいな。笑) 広場にはクリスマス市の屋台がびっしりと並び、高さ何10メートルだったか忘れましたが 生のモミの木を使った大きなクリスマスツリーが立てられ、イルミネーションも輝き、それはそれはきれいでした。で、思わず その片隅でウニョンがひっそりと手を合わせているのでは?、という錯覚にとらわれたのでした。


ドラマではウィーン市庁舎前広場で大勢の人が新年を待ちわびていましたよね。クリスマスが過ぎて、もう市は終わっていたのでしょう。ウィーン市内にクリスマス市が立つことは知っていましたが、あの場所でも市が立つとは知らず(でも今回、改めて調べてみたところ、市庁舎前広場のクリスマス市が一番有名で、一番人出も多いとか)、何だかすごく新しい発見をした気分でした。


ついでながら、「春のワルツ」第1話で、ウニョンがフィリップからチェハのリサイタルチケットをもらう前に、フィリップが屋台で飲み物を買ってウニョンに渡していましたが、あれはホットワインのようです。とにかく寒いので、クリスマス市ではホットワインで体を温めるのだとか(子ども用にはホットジュースがあります)。ホットワインはマグカップに入れて売られますが、マグカップは返すとその分のお金が戻ってくるのだそうです。何となくあれはコーヒーだったのかな、なんて勝手に考えていましたが、これも新しい発見でした。


毎年、寒くなると雪のハルシュタットなど思い出していましたが、今回 思いがけずウィーンの人々の冬の暮らしに触れて、何だかとても懐かしくなりました。前から久しぶりに見てみたいと思っていた「春のワルツ」を一層身近に感じ、いろんなことに追われている毎日ですが、本当に久しぶりにチェハやウニョンに会いたくなりました。


もうすぐ12月。我が家でもツリーやリースを出さなくちゃ、です。^^






mkm







スポンサーサイト

コメント

嬉しい記事でした(o^^o)

mkmさん、こんにちは。
読んでいたら、うれしくて泣けて来ました。いかん!いかん!今、電車内(⌒-⌒; )
最近、あんなに皆から愛された『春のワルツ』が、忘れられていくような寂しさを感じていたものて。。。

冒頭の、信じていれば。。。で始まるウニョンの純粋な祈り。。。美しかったですよね。
で、ホットワインだったとは(OvO)
オーストリアにひとり旅して、フィリップみたいな最強イケメンに案内してもらって、1話はシンデレラSTORYのように見ていたことを思い出します。

どうもありがとうございました。
素敵なクリスマスをお迎えくださいね(^o^)/
  • 2012-11-30 07:49
  • URL
  • ちょうちょ♪ #On/TYujw
  • Edit

「春のワルツ」

誰も忘れてはいないと思うんですよ。ファミレスであれほど熱く語り合い、このドラマによってたくさんの素敵な出会いに恵まれたんですもの。


何かのきっかけがないと話題になりにくくなってしまってるだけですよ、きっと。私自身、ウィーンの市庁舎前広場の映像を見た途端、自分でもびっくりするくらいのスピードで記憶が6年分 巻き戻されて、あっという間にドラマの世界にいたんです。


少し距離ができてしまったように思えても、ちゃんと心の中にはあるんだな、と改めて感じられて嬉しかったです。ウィーンのクリスマス紹介コーナー、時間が少々短かったのが残念でした。もっともっと見ていたかったです。
  • 2012-11-30 21:58
  • URL
  • mkm #0ls4tc0A
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

そよかぜおばさん

Author:そよかぜおばさん
韓国ドラマ「春のワルツ」で描かれなかった15年間に興味を持ち、何とかこの空白を埋めてみよう!と皆さんからアイデアを頂きながら進めてきました。ドラマ後の物語(ピアニスト クリス・ユンの復活)も同時進行させています。「空白の15年」はまだ6年ほど残っていますが、「復活編」はひとまず完結いたしました。


これとは別に趣味のクラシック音楽の話、印象に残った本やテレビ番組、映画の感想など思いつくまま気の向くままにお話ししたいと思います。

最新コメント

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード