牛田智大 ピアノ・リサイタル

3年前のテレビ・デビューの時、あまりの可愛らしさと音の美しさに目を見張りました。ただ、何だかまだ教わったとおりに弾いてるな……と感じたので、コンサートはもう少し大きくなられてから聴かせていただこうと楽しみに待っていました。で、今回、初めて生で演奏を聴くことに。。。

この春に高校生になった牛田智大さん。可愛らしいのは相変わらずながら、もう教わった通りに弾く少年ではありませんでした。思春期真っ只中の16歳は、自分の音や演奏スタイルを模索中という印象を受けました。

プログラムはこちらです。
       
グラナドス 組曲「ゴイェスカス」恋するマホたち より ”愛と死(バラード)”
グリンカ/バラキレフ: ひばり
モーツァルト: きらきら星変奏曲 ハ長調 K.265
ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ第14番 嬰ハ短調 Op.2 「月光」
ショパン: 3つのワルツ Op.34 「華麗なる円舞曲」

*** 休憩 ***

エルガー: 愛の挨拶
クライスラー/ラフマニノフ: 愛の悲しみ
クライスラー/ラフマニノフ: 愛の喜び
ラフマニノフ: 「パガニーニの主題による狂詩曲」より第18変奏曲
ガーシュウィン: ラプソディー・イン・ブルー

昨年、ウィーン・カンマーオーケストラと共演された時にも感じたのですが、今回もスローテンポの曲を通常以上にゆっくり弾きたがる傾向が見られ、今回のリサイタルに関してはもう少し早く弾かれた方がいいんじゃないかなあと思いました(あくまで私があまりゆっくりな演奏は苦手……という、素人の個人的好み&感想です)。例えば、「月光」の第1楽章は何だかゆっくり過ぎるなあと思いながら聴いていて、第2、第3楽章になると音楽が生き生きと動き始めるのを感じて、楽しく聴けるのです。第1位楽章で感じた「?」がなければ、もっと「月光」全体を楽しめたんじゃないかな、と。

次のショパンのワルツは、内声部を際立たせる演奏が面白かったです。カツァリスを彷彿とさせるようで、またひと味違う感じ。

休憩後のクライスラーの曲は、通常ヴァイオリンとピアノで演奏されることが多いのですが、今回はピアノ1台での演奏ですので、ピアニストは少々忙しいです。クライスラーの2曲と、それに続くラフマニノフの「パガニーニの主題による変奏曲」が、ちょっとあっさりした感じの演奏で、少し意外に感じられたのですが、最後の「ラプソディー・イン・ブルー」を聴いて納得。「ラプソディー・イン・ブルー」はオーケストラとピアノのための曲ですから、それを一人で弾こうと思うとピアニストは本当に大変なのです。この曲のために力をセーブしてたんですね。

これは本当に力の入った良い演奏でした。いまだに「ラプソディー・イン・ブルー」を聴くと、「のだめ」のマングースを思い出す私。「のだめ」の名シーンから、今の朝ドラで かつての千秋先輩が和服で巾着ふりふり歩いている姿まで思い出しながら楽しく聴かせていただきました。

アンコールは次の2曲です。

ビゼー作曲 ホロビッツ編曲    カルメン変奏曲
プーランク作曲             即興曲第15番「エディット・ピアフを讃えて」

2曲目が、聴いたことあるのにタイトルが思い出せませんでした。「なんやったかなあ?」とモヤモヤしながらホールの掲示を見に行って、一昨年、福間洸太朗さんのリサイタルで聴いた曲だったことを思い出せました。すっきり

現在、高校1年生の牛田智大さん。これからどんなふうに育っていかれるでしょうね。日本の音大に進まれるのか、海外に留学されるのか? また大人になられたら、演奏を聞かせていただきたいなと思います。


PS  そういえば、今年はショパン国際ピアノコンクールの年だったことを思い出し、少し調べてみましたら、韓国のチョ・ソンジンさんが優勝されていました。チョ・ソンジンさんは確か4年前にリサイタルに行ったことがありまして、将来を楽しみにした方でしたので、嬉しかったです。また日本人の小林愛実さんはファイナルに出場されていました(残念ながら入賞はなりませんでしたが…)。
動画をゆっくり拝見したいと思っています。




mkm




スポンサーサイト

コメント

さすがですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

こんにちは!
mkmさまの解説を読んでいて、ふむふむ、そうなのか。と感心していました。
私はミーハーなので、ただただ、牛田くんのピアノが大好き♡ってだけですが、きっとmkmさまのように真剣に語ってくれるって、ありがたいことだと思います。
私もなんだか嬉しいし。

そうそう!福間さんがこの夏にアイスショウで羽生選手とコラボしたんですよ。
そして、今週末は大阪で公演がありますね。
私は別の用事で大阪に行くので、ニアミスがとっても残念です(;_;)
  • 2015-11-09 18:38
  • URL
  • ちょうちょ♪ #On/TYujw
  • Edit

ちょうちょ♪さま

アイスショーでの羽生選手と福間洸太朗さんのコラボについては、福間さんのHPで見まして、「スケートリンクにピアノ持ってたの? 録音を流したの? でも録音ではコラボって言えないんじゃない?」って不思議に思っていました。どんなでしたか?

週末の福間さんのリサイタルには行く予定ですので、またご報告しますね。お天気はイマイチみたいですが、さすがに11月ですから、もう台風は来ないでしょう。
  • 2015-11-09 22:46
  • URL
  • mkm #0ls4tc0A
  • Edit

チョ・ソンジンさん

mkmさん、ちょうちょ♪さん、お久しぶりです。
牛田さんの今後のご活躍、私も楽しみにしています。

psのチョ・ソンジンさんに反応して出てきてしまいました。。。
私が初めて彼のピアノを聴いたのが、今から5年前。その音色の美しさに心を奪われました。
そして、mkmさんが行かれたリサイタルでのアンコール曲が、英雄ポロネーズとスケルツォ2番だったと教えていただき驚いたのでした。プログラムに入れるような曲をアンコールで弾いてのけるって!!!
本番を想定して練習することもあるのでしょうが、やはり聴衆の前での演奏の経験に勝るものはないのでしょう。その積み重ねが、今回の優勝につながったのかもしれませんね。

5年前の録画もとってありましたので、コンクールの動画とともにこれからゆっくり楽しみたいと思います。
  • 2015-11-10 08:25
  • URL
  • ピアノ♪ #0IUSwUQY
  • Edit

Re: チョ・ソンジンさん

ピアノ♪さん、本当にお久しぶりです。

そう、チョ・ソンジンさんのことはピアノ♪さんに教えていただいたんだったと、私も懐かしく思い出していました。

リサイタルのアンコール、「ラ・カンパネラ」→「英雄ポロネーズ」→「スケルツォ 第2番」と、どんどん盛り上がっていった会場の空気を今も忘れることができません。

優勝を記念しての演奏会が日本でも開かれるようですね。行けたらいいなと楽しみにしています。
  • 2015-11-10 17:03
  • URL
  • mkm #0ls4tc0A
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

そよかぜおばさん

Author:そよかぜおばさん
韓国ドラマ「春のワルツ」で描かれなかった15年間に興味を持ち、何とかこの空白を埋めてみよう!と皆さんからアイデアを頂きながら進めてきました。ドラマ後の物語(ピアニスト クリス・ユンの復活)も同時進行させています。「空白の15年」はまだ6年ほど残っていますが、「復活編」はひとまず完結いたしました。


これとは別に趣味のクラシック音楽の話、印象に残った本やテレビ番組、映画の感想など思いつくまま気の向くままにお話ししたいと思います。

最新コメント

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード