映画 「心に吹く風」

ユン・ソクホ監督の劇場用映画第一作として全国紙でも紹介されていた割には上映館が非常に少ないのに、まずびっくりしました。「冬のソナタ」から早や15年。そんなものといえば、そんなものなのかもしれないと思いつつ、主演の眞島秀和さんのファンなもので、眞島さん見たさに出かけてきました。眞島さんって私は素敵な役者さんだと思うんですが、主演はあまり多くなくて映画でしっかり見られる機会は結構少ないのです。

公式サイトの予告編を見ると、どこか(主に「冬のソナタ」)で見たことのあるようなシーンがいくつかあって、多少は二番煎じを覚悟しましたが、実際に見てみると確かに見たことのあるシーンはそこここにあったものの、お話は四季シリーズとはだいぶ違いました。

ここからはネタバレです。
高校の時に知り合って恋に落ちた2人。
彼が東京の大学に進学するのを故郷の駅で見送った後、彼女の実家の様々な事情のため連絡が途絶えてそれっきりに。。。
どんな事情があったのかはわかりませんが、大学に入ったばかりの彼に連絡したら迷惑になるんじゃないかと気遣って、身を引いてしまったようです。
その後、彼は彼女を忘れることができず、結婚もしないでビデオアーティストになりました。
彼女の方は、現実を受け入れたのでしょう。その後 間もなく結婚し、娘を一人授かり、今は夫と姑との3人暮らし。(娘は札幌の大学に入って一人暮らし) かつての夢も諦めて、堅実に家庭を守る主婦になっていました。

そんな2人が23年ぶりにひょんなことから再会し、たまたま彼女の夫が出張中だったため、2日間彼の撮影につきあうことに…。
彼の方は、思いもかけない再会に最初はぎこちなかったものの、もう一度会いたいと思い続けてきた気持ちが抑えられず、どんどん彼女を引っ張り出します。(彼は独身だから、誰に憚る必要もないわけです。それから、これは私の私見ですが、彼女がなんだか幸薄そうな表情だったのも、気になったのではないでしょうか)

彼女の方は、家族を持つ身ですし、もともと真面目な性格らしく、彼に近づくまいとするのですが、少しずつ呼び起こされるかつての思い出に徐々に心を解き放たれていきます。

2人きりで2日半を過ごして、お別れ。その最後の場面で、映画やドラマでよくあるようなお別れができなくて、とんだ邪魔が入って(?) 一気に現実に引き戻されるように別れなければならなかったことに心が痛みました。

お話としては、かなり淡々と進んでいく方なので、すごくドキドキするとか、ときめくという感じではありませんでした。
ただ二人の心の動きを丁寧に辿る過程に、ユン監督ならではの素晴らしい映像美と、イ・ジスさんの美しい音楽が散りばめられていて、何とも言えない至福のひとときを過ごすことができました。

映画のタイトルにもある「風」を、木の葉のざわめきやウィンドチャイム(windchime) を使うことによって、視覚、聴覚でとらえられるよう工夫されていたことも素敵でした。

眞島さんファンとしては、もう少し眞島さんが素敵に見えるような撮り方はできなかったかなあと思ってしまいましたし(ユン監督、眞島さんのこれまでの出演作をどれだけご覧になったのかなあ?)、少年時代を演じた鈴木仁くん、もう少し眞島さんに似た俳優さんいなかったかなあとは思いましたが、良い映画でありました。



mkm
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

そよかぜおばさん

Author:そよかぜおばさん
韓国ドラマ「春のワルツ」で描かれなかった15年間に興味を持ち、何とかこの空白を埋めてみよう!と皆さんからアイデアを頂きながら進めてきました。ドラマ後の物語(ピアニスト クリス・ユンの復活)も同時進行させています。「空白の15年」はまだ6年ほど残っていますが、「復活編」はひとまず完結いたしました。


これとは別に趣味のクラシック音楽の話、印象に残った本やテレビ番組、映画の感想など思いつくまま気の向くままにお話ししたいと思います。

最新コメント

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード