FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福間洸太朗 ピアノ・リサイタル

恒例の福間洸太朗さんのリサイタル。今年は「鳳凰が見たもの」というテーマで開催されました。

プログラムはこちらです。

リスト        オーベルマンの谷(「巡礼の旅 第1年スイス」より)
ショパン        ソナタ第3番 op.58

~~~~~~~~~(休 憩)~~~~~~~~~

ラフマニノフ     前奏曲嬰ハ短調 Op.3-2 『鐘』
           13の前奏曲 Op. 32より 第12番嬰ト短調、
                    第13番変ニ長調
スクリャービン      ソナタ第5番 op.58
ストラヴィンスキー   火の鳥(アゴスティ編曲)


なかなか重量級のプログラムでございます。
私も全曲知っているわけではないのですが、知ってる曲だけ考えても
「これはすごい。。。」
2曲目のショパンのソナタで、リサイタルが終わってもおかしくないのに、
まだ後半があるんですから。
福間さんの気合い、意気込みを感じて、「これは聞きに行かねば」と出かけましたが、ほんとにすごかった。

リストの「オーベルマンの谷」はとてもスケールの大きな雄大な感じの曲で、
どれだけ大きな深い谷なんだろうと思わせます。
ショパンの3番ソナタは30分近くかかる大曲。

ラフマニノフの「鐘」は、ロシアの教会にかかる大きな大きな鐘が
鳴り響く感じで、短調ですから一層重たさを感じさせます。
この曲の最後に、本当の鐘の音がす~っと消えていくように、
ピアノの音がフェイドアウトしていったのがとてもきれいで感動していたら、
そのまま切れ目なく次の曲が始まりました。
13の前奏曲の第12番は、分散和音がキラキラと輝くような、
第13番は曲集の最後を飾るにふさわしい華やかな曲でした。
(3曲がひと続きに演奏され、一つの曲のようだったのも素敵でした)。

次のスクリャービンのソナタは、福間さんの解説によると
「調性のない曲」だそうで、確かに聞いていても捉えどころのない、
不思議な感じの曲でした。どこへ連れていかれるのかなあと思っていたら、
いつの間にか終わってた、みたいな。

(ご本人が解説されている動画がありますので、興味のある方はどうぞ)
 https://www.youtube.com/watch?v=GP-eDzOhvSI

最後の「火の鳥」は、「フォルテがいくつ付いてるんですか~?」と言いたくなるくらい、激しくて力強い曲。
これが終わった時には、本当に「おなかいっぱい」状態。
例えて言うなら、メインディッシュを3つ立て続けにいただいたみたいな。
ご本人も相当疲れられたんじゃないでしょうか。

こうなると、アンコールはどうなるのか???
さすがに、もう重たい曲はないよね、と思いながら拍手していたら、
1曲目は、サン・サーンスの「白鳥」(ゴドフスキ編曲)。
正直、これでホッとしました。心がふわ~っとするような感じ。
ようやくゆっくり深呼吸ができた、みたいな。

アンコール2曲目は、ダカンの「カッコウ」。
(「火の鳥」→「白鳥」……ときて、「鳥」つながりなんですって)
よく子どもたちのピアノの発表会で演奏されます。
ただ子どもたちが弾くと、とってもゆっくりなことが多いのですが、
福間さんの「カッコウ」は速い速い。
でも本当にカッコウが鳴いてました!
ピアノの中からカッコウのさえずりが確かに聞こえたのです。

いわゆる「超絶技巧」的な曲もすごいと思いますが、
誰もが練習する曲をプロが演奏された時、
同じ曲が、それまでと違って聞こえてくることがあります。
これがまさにそのその典型例でした。
そして、こういう曲をプロが演奏されることは少ないだけに、
何だかとっても得をした気分になりました。

もうないかな…と思いながら手をたたいていたら、
「主催者の方がもう1曲どうぞ、と言ってくれたので」と、
「鳥つながり」と言えば「鳥つながり」の曲、
チャイコフスキー作曲「白鳥の湖」から「ロシアの踊り」

華やかなバレエ音楽で、最後は華やかに盛り上がって終わりました。
ブラボー

「火の鳥」で、「もうおなかいっぱ~い!」と思ったのに、
アンコールが終わった時にはとってもハッピーな気持ちに。
必ず最高の気分で帰してくださるところが、さすがプロ!と感心するやら感謝するやら、でした。

昨年が "con fuco" で、今年が重量級プログラム。
これも素敵なんですが、私は初めての福間さんのリサイタルで聞いた
"Shimmergin Water" の素晴らしさも忘れられません。
来年はドビュッシーの没後100年だそうですから、ドビュッシーいっぱいの
プログラムを組んでくださらないかなあと勝手に期待しています。

コンサート会場で販売されていたCD(PIANO FANTASY)を楽しんでいます。繊細な音色が素敵です。



mkm






スポンサーサイト

コメント

鳳凰について

プログラムのご本人の言葉によると、「古代エジプトの伝説の不死鳥ベンヌ、ギリシャのフェニックス、ロシアの火の鳥、アジアの鳳凰。そのどれもが不屈の精神、幸福や平和を象徴とする鳥」だそうです。

世界各地から届く戦乱やテロのニュースを耳にするたびに、世の中が穏やかになりますよう祈らずにいられません。願わくばこの《↑》鳥たちが各地の争いを鎮め、人々に幸せを平安をもたらしてくれますように。
  • 2017-10-16 20:57
  • URL
  • mkm #0ls4tc0A
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

そよかぜおばさん

Author:そよかぜおばさん
韓国ドラマ「春のワルツ」で描かれなかった15年間に興味を持ち、何とかこの空白を埋めてみよう!と皆さんからアイデアを頂きながら進めてきました。ドラマ後の物語(ピアニスト クリス・ユンの復活)も同時進行させています。「空白の15年」はまだ6年ほど残っていますが、「復活編」はひとまず完結いたしました。


これとは別に趣味のクラシック音楽の話、印象に残った本やテレビ番組、映画の感想など思いつくまま気の向くままにお話ししたいと思います。

最新コメント

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。